読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筍に乗って、どこまでも。

高く高くどこまでも伸びろと、筍にしがみついた彼だったが、空腹に耐えきれずにその筍を食べてしまった。バターで軽く炒めたのだ。